ラップ不要:とうもろこしは皮付きのままレンジ加熱

外打ち合せが徐々に入ってきている夫が先日は鎌倉のコンビニで見かけた野菜を色々買ってきてくれました。未だにスーパーへ行く回数を極力減らしているので助かるなぁ。

購入品の中のひとつ「とうもろこし」。
今年初のとうもろこし。嬉しい。

すぐに皮ごとレンジ加熱して食べましょう。

①↓とうもろこしの皮を1〜2枚残してむき、そのままレンジに入れて1本600Wで4分〜加熱(様子見しながら)。そのまま庫内に2分ほど置いて蒸らします。

②↓熱いので布巾などで包んで気を付けながらレンジから出し、お尻の方をこのくらいカット。(切り落とした部分は作った人の特権でガジガジかじって頂く)

③↓その後お尻と反対の先端を手でつかむと中身がツルンと出てきて簡単に皮がむけます。出来上がり。

あまーい!!
皮付きならラップも不要なのでものすごく簡単。
皮を剥いて売っているとうもろこしなら全体をラップで包んでから、皮付きと同じように手順①②③で完成。

昨年Twitterか何かで見かけた方法ですが、先人って素晴らしい。
今までずーっと茹でていたのにレンジの方が甘いし、なにより短時間で簡単に出来る。

↓そしてふるさと納税の返礼品に「とうもろこし」のなんと多いこと。魅惑的な写真ばっかり。

【ふるさと納税】新品種スイートコーン『ドルチェドリーム』

↓白いとうもろこしも甘くて美味しいんですよね。

【ふるさと納税】スイートコーン ピュアホワイト 5~6本 【野菜・とうもろこし 】 お届け:2020年6月中旬~7月中旬

↓あ、レンジ後の熱々とうもろこしをつかむのにも、ふるさと納税の返礼品「花ふきん」が大判サイズでしなやかなので活躍です。

中川政七商店 花ふきん さくら すみれ 若葉 菜の花 各1枚 合計4枚セット【代引き不可】

打ち合せ時間の都合上、外で食事をしなければいけない日も出てきましたが夫は購入したお弁当を車で食べているようです。
飲食店に入っての応援はしたいけれど夫の持病である糖尿病は新型コロナの感染後の予後が悪いと言うニュースを聞いていて、まだ外食は怖いなと思っていたので夫が車で食事をとっていると聞いてホッとしています。

とは言えランチミーティングなど入って来たらそうも言っていられないので、とにかく人と密に接しない・マスクをする・うがい手洗いの徹底を個々が意識し続けることですね。

ベビーコーンの魚焼きグリル

ベビーコーン?ヤングコーン?呼び方はどちらでも良いはず。
この時期、とうもろこしを間引いた残りのベビーコーンが売られています。

新宿で見かけたイベント出店中の八百屋さんで4本入り300円のベビーコーンを買ってきました。
他にもミニトマトやズッキーニ2本、サニーレタスにアスパラガスなど買って1,000円。
近所ではありえない高品質低価格。いいなーこんな八百屋さん近くにあったら。

ということで買ってきたベビーコーンは皮のまま魚焼きグリルで焼いてヒゲも芯も丸ごと美味しく頂きます。

①まず外側の葉を数枚むき、ヒゲは茶色くなった部分はカットします。

②↓燃えるのを防ぐためにヒゲをホイルで保護。

③魚焼きグリルで11~13分程様子見しながら焼いて完成。

④↑こんなに焦げていても↓中は大丈夫。
皮のおかげでほくほくの蒸し焼き状態。

⑤ヒゲも食べられるので適当にカットしてあとはお好みで醤油/オリーブオイル+塩/塩などお好みの調味料を付けて食べるだけ。

残り物の豆ご飯を解凍し、これも残り物のゴーヤチャンプルーなどと一緒にワンプレートに盛り付けて朝ご飯完成。

柔らかな甘さのベビーコーン、この時期のお楽しみですね。

朝から満足なスタートでした。