紫花豆のラカントS甘煮再び

2021年の軽井沢旅行の時にたまたま産直で見つけて買った紫花豆
ラカントSで甘煮にしたら絶品だったので都内でこのサイズの紫花豆を何度か見つけたんですが4倍近い価格で買うのをためらっていたら千葉に向かうPAの産直コーナーに群馬県産を発見しました。

大粒の350g入りで1280円と、2021年に買った300g/720円には及びませんが十分手が届く価格。

さっそくラカントSを使って甘煮にします。作り方は→前回作ったレシピを見返して乾燥した紫花豆を数日水にひたしてふっくらと戻す所から。

↓今回は吸水に3日かけて、4日目に煮上がりました。つやつやでほくほくの紫花豆のラカントS甘煮。

ラカントSで美味しく甘煮を作るコツは、前にも書きましたがラカントSをしっかりした量入れること。そうするとちゃんと甘煮として美味しく仕上がります。

ラカントS 顆粒(800g)【ラカント S(ラカントエス)】

↓我が家の必需品のミックス豆を買っているお店でも特大の紫花豆は扱っています。流通考えるとこの価格にはなるのは分かるのです。

【ゆうパケット送料無料】高原花豆 「大粒 300g」信州産 紫花豆 令和5年産 新豆 吉沢農園の高原花豆 農薬不使用 花豆 レシピ付

↑↓ここのミックス豆、茹でてただろく助塩を振っただけで美味しいから本当にお勧め。

【ゆうパケット 送料無料】 マーブル 500g ミックス大豆 令和5年産 契約栽培 サラダやマリネに 大人気

↓ろく助塩も我が家の必需品。このお塩だけでつくるバラ肉と白菜の鍋、最高。

ろく助塩【ネコポス(送料300円)/合計4袋までの注文専用商品】顆粒150g(一部商品130g)