低糖質朝ごはん「鶏もも肉のレタス鍋」

夫が激務や何やらで食後すぐの運動に出られない日が続いています。そういう日々の朝ごはんは血糖値をなるべく上げない低糖質ご飯。

今朝はレタスと鶏もも肉があったのでごま油を垂らした美味しい鍋にしました。

2人分レシピ[鶏もも肉のレタス鍋](1人分糖質2.11g/275kcal)

  • ひと口大カットした鶏もも肉=250gくらい(0g/318kcal)
  • 手で大きめにちぎっらレタス=1/4玉(1.7g/12kcal)
  • 角切りした厚揚げ=1/2枚くらい(0.1g/150kcal)
  • スライス椎茸=3枚くらい(0.5g/7kcal)
  • スライスにんにく=1片(1.2g/8kcal)
  • ろく助の塩=ひとつまみ(0g/0kcal)
  • ごま油=大1/2(0g/56kcal)
  • 水=ヒタヒタより気持ち多め

①鍋にスライスしたにんにく、ひと口大にカットした鶏もも肉、角切りした厚揚げ、スライスした椎茸、ろく助の塩、ヒタヒタより気持ち多めの水を入れて火を点けます。

②沸騰後フタをし弱火に落として3分煮てから火を止め、そのまま7分放置の余熱調理。7分後フタを開け、鶏もも肉に火が通っていたら再度火を点けて手で大きめに割ったレタスを入れて上下をサッとひっくり返してレタスがややしんなりしたら完成。
上からごま油をタラっとさせて頂きます。

↓レタスはどっさりがオススメ。

うーーーーん美味しい。鶏もも肉のぷりぷり具合とレタスのしゃきっと具合が絶妙。上から黒胡椒を振ってもスパイシーさが加わって美味。

最近、レタスをサッと煮るのにハマっていて週に4日は鍋とか汁物で食べています。レタスは、ややしゃきっとしたままなのが好きなのでレタスを入れたらすぐ火を止めるくらいがベスト。

↓ごま油は風味が軽過ぎず強過ぎずな物を使っています。

《九鬼産業》ヤマシチ純正胡麻油【340g】

和え物、炒め物、鍋、ドレッシング、香りが良い胡麻油はなんにでもふわりと合うので大好き。

↓塩はいつものろく助の塩。旨味と塩味が絶妙で、絶対に味付け失敗無しなので料理初心者さんにもお勧めの1品。

ろく助塩【ネコポス(全国一律380円)にて発送/合計4袋までのご注文専用商品】顆粒タイプ150g

感想(90件)


↓使った鍋は余熱調理に優れている、これもいつものこちら。

「プリンセスなべ(S)」IH・ガス対応 鍋 ステンレス レシピ付き ギフト 浅型 カタログ [アサヒ軽金属公式ショップ]

さて、夫そろそろ糖尿病の定期検査行きませんか?
3月にキャンセルしたまま血糖値を見ていないの、私は多いに不安です。
食後の運動も、先週は2時間も経ってからがほとんどだったからその間ずっと高血糖。仕事が忙しいのも分かるけれどまずは病院で血糖値を計ってきて欲しい。
新型コロナ感染の不安よりも血糖値が分からない方が今は不安。





ガパオの残りでチャーハン

夕べのガパオの残りがあったので今朝はチャーハンにしました。
添えた汁物はひかり味噌のインスタントお味噌汁

↓今回のガパオは冷凍パプリカの在庫が無かったので緑黄色野菜はピーマンのみ。
もちろんみじん切りエリンギたっぷり入れて低カロリーにボリュームアップ。
これは前日の夕食でした。

今朝のチャーハンは、この↑ガパオのひき肉約100g程にマンナンヒカリ入りご飯2人分などを足して最後に卵も流し入れてちゃちゃっと完成。

  • ガパオ=100gほど(先日の残り)
  • みじん切りエリンギ=ガパオと同量
  • マンナンヒカリ入りご飯=2人分で200g
  • ナンプラー
  • 溶き卵=1個

①溶き卵以外をフライパンで炒めて最後に溶き卵をしっかり絡めてパラパラになったら完成。

水切り済みのレタスなどをお皿に敷いて、インスタントお味噌汁を作ったら朝ご飯の出来上がり。

総カロリー数約330kcal/1人と言う感じでしょうか。

ガパオの残りにご飯を足して炒めただけだし、レタスは洗ってちぎってあるし、お味噌汁はお湯を注ぐだけ。
昨夜夕食でガパオが少し残った時から今朝のご飯はこれにしようと決めていたので、朝布団の中で「今朝は何作ろう」と考える時間0。
目覚めてからの数分をすごくゆっくり起動出来て嬉しい。

 

低糖質朝ごはん「サムギョプサル」

食事療法だけをしていた頃は豚バラ肉は1食の中で雀の涙ほどしか食べられなかったけれど、低糖質食を取り入れるようになってから人並みに!?量が食べられるようになりました。
もちろん低糖質食の時は血糖値を上げないために炭水化物を一緒に摂取は出来ませんが、それでも楽しく美味しく食事出来るように今日も工夫あるのみ。

ボリュームあって野菜も肉も一緒にたくさん食べられるメニュー「サムギョプサルサラダ」にしましょうか。

[サムギョプサルサラダ](1人分)糖質合計=2.3g・カロリー合計=572kcal

  • 豚バラ肉=200g(糖質0.2g・790kcal)
  • エノキダケ=50g(糖質1.7g・10kcal)
  • みじん切りニンニク=大1/2(糖質1.0g・7kcal)
  • 豆板醤=小1(糖質0.2g・4kcal)
  • 塩コショウ=適宜(糖質0g・0kcal)
  • 醤油=小1(糖質0.5g・3.3kcal)
  • 胡麻油=小1/2(糖質0g・19kcal)
  • レタスと千切りきゅうり=ボウルにたっぷり(糖質1.0g・10kcal)

①↓豚バラ肉・みじん切りニンニク・豆板醤を豚バラの脂で焼き付けるように炒めます。(↓肉を切り忘れたことに気付いたのでこの後キッチンバサミでカット)

②↓脂がしっかり出て肉に火が通ったらカットしておいたエノキダケをフライパンへ入れ、塩コショウで調味。(カットきのこなど関連記事)

③最後に風味付けのために醤油とゴマ油を軽く振り、焦げ付くギリギリで火を止めて完成。

④↓切って洗っておいたレタスや千切りきゅうりの上にドサッと乗せて上に糸唐がらし乗せたらサムギョプサル風サラダ完成。

豚バラの脂と塩コショウのみの味付けだけでとても美味しいので胡麻油は無くてもOKです。
前にコストコの試食で肉を塩コショウだけで焼いていたのを食べた時に美味しくて作り方を聞いたらそう教えてくれたので真似ています。

食事療法では悲しい気持ちになり糖質制限では助かる〜と言う気持ちになる「脂うまーい!」ってことですね。