本当に美味しいコストコの赤海老のガーリックソテー

コストコの赤海老はお刺し身で食べても、加熱しても最高に美味しい!私はこちらの食べ方が大好きです(前回記事の続き)。

どっデカ!生赤えび2kg〈天然有頭〉焼きでも刺身でも/新鮮船上凍結(約40尾~60尾)2キロ 【送料無料】/あかえび/赤エビ/赤海老/ギフト/がってん

感想(356件)

調味料への浸けおき1時間が必要ですが、浸けおき時間が無い時はやや強めに塩を振ってすぐに調理も可。

2人分のレシピ[有頭海老のガーリックソテー](1人分糖質2.5g・カロリー=177〜200kcal)

  • 頭付きの赤海老=5〜6尾ほど(糖質0.7g・200kcal)
  • ニンニク=みじん切り大1/2(糖質1.5g・8kcal)
  • オリーブオイル=大1(糖質0g・110kcal)
  • トリュフ塩=小1強(気持ち多め)(糖質0g・0kcal)
  • 赤唐辛子=1本(糖質0.3g・1.5kcal)
  • 彩りでパセリ(糖質0g・0kcal)
  • マッシュルームや椎茸=3〜4個(糖質0.5g・10kcal)
  • カリフラワー=80g(糖質2.0g・24kcal)

①まずは海老の背わた取り。ガーリックソテーの時は出汁が出て美味しいので長過ぎるヒゲを取るくらいで、殻や手足などは付けたままにします。

↓背わたを取やすくするために+身に調味料がしみ込みやすいように背中にキッチンばさみで縦に切れ目を入れます。

↓切った殻の隙間に楊枝を差し入れて背わたをスーッと抜くと簡単。背わた抜き忘れると生臭い海老になるので絶対に忘れないこと。

↓②ボウルに①の有頭海老・みじん切りしたニンニク・オリーブオイル・トリュフ塩・赤唐辛子を入れ、頭が取れないように気を付けながら調味料が全体に混ざるようにかき混ぜます。時々かきまぜながら1時間〜2時間ほど浸けおき。
(調味料の浸けおき時間が無い時はやや強めに塩を振ってすぐに調理も可)

③↓あとは食べる直前に浸けていた調味料ごとフライパンにあけて焼いて完成。
今回はボリュームアップするために肉厚の椎茸とカリフラワーも一緒にソテーしました。

④↓金属のフタなどで上からぎゅっと押し付けながら焼くと、頭から出たミソが調味料とからむのでぜひ(金属ぶたは熱くなるからオーブンミットなどを着けながらが正解)。

⑤↓途中、海老の頭が取れないように裏表をひっくり返し全体をこんがり焼いたら彩りのパセリを散らして完成。

殻をむきながら食べるので手がべたべたに汚れますがものすごく美味しい!
頭に詰まっていたミソが調味料と相まって絶品。
一緒にソテーする野菜はきのこ類やカリフラワーの他、レンコン・ブロッコリー・スナップエンドウなども合うので色々試すのが楽しい料理。

どっデカ!生赤えび2kg〈天然有頭〉焼きでも刺身でも/新鮮船上凍結(約40尾~60尾)2キロ 【送料無料】/あかえび/赤エビ/赤海老/ギフト/がってん

感想(356件)

フライパンは先日買ったこちらですが、カリッと美味しそうな焼き色が付くし軽めで振りやすいしで本当に使いやすい。お値段も魅力的。

ヘンケルス HENCKELS フライパン「バッラリーニ パヴィア」 (26cm) 75001-773-0[750017730]

↓ノンオイルで使えるフライパンなのでカロリーカットにもかなり貢献してくれています(目玉焼きもオイル無しでこの通りスルスルはがれます)。






焼き鶏セットから「モモ」を1本もらって筑前煮にアレンジ

昨日書いた焼き鶏セットの中の「モモ」を1本拝借して筑前煮にアレンジ。
糖尿病患者用の食事なので肉は1本分あれば十分。
(↓それにしてもなぜこんなに”つゆだく”になったのか)

レシピ 「焼き鶏のモモ1本から筑前煮」

4〜5食分の材料
———————————————————–

  • 焼き鶏「もも」=1本を串から外す(普通の鶏もも肉なら50g程度をぶつ切り)
  • 冷凍した里芋=80gをひと口大にカット
  • 蓮根=80gの皮をむいてひと口大にカット
  • 人参=30gの皮をむいてひと口大にカット
  • ごぼう=60g泥を落としてひと口大にカット
  • 茹でたサヤエンドウ=適宜
  • 生の椎茸=4枚ほどを1個6等分にカット
  • こんにゃく=1/2枚(多め)をひと口大にカット
  • 水=ひたひた
  • ろく助の塩=小1/3
  • 醤油=小1〜

↓作り方↓

———————————————————–

里芋は冷凍しておいた物を解凍せずにお鍋へ(冷凍ものが無い時はピーラーで皮をむいてひとくち大にカット)。
蓮根と人参もピーラーで皮をむきひと口大にカット。
ゴボウは包丁の背かホイルで泥をこすって落としひと口大にカット。
椎茸は1枚を6等分。

②アク抜き不要なこんにゃくもひと口大にカット。コンニャクは野菜やクッキーの抜き型かペットボトルのフタでひと口大にカットすると楽。

③鍋に材料を全て入れ、沸騰したら弱火で10分加熱してから全体をざっくりかき混ぜ、再度フタがカタカタ言ったら火を止めて余熱調理で20分放置。
↓余熱調理に優れたこの鍋は煮崩れもしにくいので里芋がほっくり仕上がります。

「プリンセスなべ(S)」 ih 鍋 ステンレス 高級 新生活 一人暮らし キッチン レシピ付き 離乳食 蓋 収納 仕切り キッチン レシピ ランキング プレゼント セット 鉄 日本製 ギフト ガス 深型 【ママ割】 カタログ   [アサヒ軽金属公式ショップ]

④20分後フタを開け、味が足りないようなら再度点火して少々煮込み、味を染み込ませて完成(彩り用の冷凍茹で絹さやは完成後に鍋に入れ再度フタをしておけば5分ほどで解凍されるので食べる時にサッとかき混ぜればOK)。

胡麻油で最初に材料を炒めた方がコクが出ますが、糖尿病食な我が家は少量の油(脂)もカットしたいので胡麻油は使っていません。
焼き鶏セットの鶏もも肉1本だけで十分な旨味の筑前煮。

↓筑前煮風の常備菜記事はこちら↓



サイゼリヤ風アラビアータにチーズを足して焼きパスタに

先日1瓶作ったサイゼリヤ風アラビアータソースの、冷凍しておいた1つを解凍して焼きパスタにしました。

解凍したトマトソースを茹でたパスタに絡めて、上にとろけるチーズを乗せてオーブン調理するだけ。
チーズはコストコのどちらでも(塊チーズシュレッドチーズ)美味。

ついでに天板の空いた所に副菜も乗せて一緒に調理。
レンコンと椎茸とスナップエンドウにトリュフ塩とオリーブオイルをまぶして焼くだけスナップエンドウは筋も取ってあるのでに楽。

↓こんな感じで天板に乗せ、オーブンレンジの「グラタン」ボタンで20分強焼いたら完成。手動の時は「両面グリル」で20分強。
また、自動メニューボタンを使わない時は→オーブン余熱250分(余熱時間約15)→庫内に焼きカレーを入れて15〜17分で焼き上がるかなと言う感じ。

  • トマトともずく酢の和え物(8kcal)
  • サラダ(80kcal)
  • 蓮根のグリル(75kcal)
  • 豆乳とほうれん草のスープ(60kcal)
  • グリルアラビアータ(450kcal)

総カロリー673kcal/1人分

食卓には黒豆茶も毎食一緒に出しています。麦茶感覚でゴクゴク水分摂りましょうと書いておいてなんですが28℃になった昨日うっかり脱水症状起こしました。
水分摂ってはいたんですが全然足りてなかった。
夜中、夫が買ってきてくれたポカリスエットを1L飲んでようやくおちつきましたがこれは大反省。

とりあえず今起きて真っ先にポカリスエットのパウダータイプ注文しました。場所を取らずに置いておけるので毎年夏に買っています。

ポカリスエットパウダー 10L用(1袋入)【ポカリスエット】[スポーツドリンク]

感想(59件)

↓今回はグリルにしたレンコンの他のレシピはこちらです↓

常備菜「れんこんのきんぴら」

蓮根のきんぴらのシャキシャキした歯応えが好きです。
先日の記事「臭い移りしない保存容器」で容器に入れていた蓮根のきんぴらレシピ。

2人分で2食分の材料(165kcalで、1人1食分カロリー=42kcal)
———————————————————–

  • 蓮根=150g(99kcal)
  • 人参=50g(16kcal)
  • ろく助の塩=適宜(もちろん普通の塩でもOKだし、昆布茶も美味しい)
  • ごま油=フライパンに塗る(50kcal)
  • 鷹の爪=小指の先ほど
  • 好みで七味唐辛子

①大きな蓮根だったので3mm厚でスライスした物を更に1/4カットし5分ほど水にさらし、人参も厚みを合わせた半月切りにしました。

②↓フライパンにキッチンペーパーなどでごま油を塗り、鷹の爪を炒めたら蓮根と人参を入れ、ろく助の塩も振って弱火で炒め続けます。人参に火が通ったら完成。

↓好みで七味唐辛子を振ると香りが華やかでとても美味。

↓今回もろく助の塩。昆布と椎茸の旨味が詰まった塩なので食材の味を消さずに味付けしてくれます。ない時は旨みのある昆布茶で代用しています。

ろく助塩(白塩)150g

最後に振った七味唐辛子もお気に入りの物を揃えて、気分によって使い分けが好き。
あと、きんぴらを柚子胡椒(柚子胡椒関連記事)で炒めても美味。柚子胡椒大好き。

↓↑頂き物だった可愛い小瓶の柚子胡椒、美味しくて使い切れるサイズなのが嬉しい。

《佐藤紅商店》柚子胡椒 吹屋の紅だるま【48g】


↓蓮根のレシピは他にこちらから↓

旬の野菜「万願寺とうがらし」

前回記事でも書きましたが万願寺とうがらしはこの食べ方が1番好き(関連記事)。
万願寺唐辛子の甘みがしっかり出るしなんと言っても「あと1品欲しいけれど手間かけたくない」と言う時に最高。
コツはじっくりしっかり火を通すことだけ。

①魚焼きグリルを点火し2分空焚きします。(空焚きするとグリルにくっつきにくくなる)

②↓空焚きする間、万願寺唐辛子にガーリックオイル+強めのトリュフ塩をまんべんなくまぶします。

③魚焼きグリルに万願寺唐辛子を重ならないように並べ、弱火で7分〜10分程じっくり焼きます。(焦げないように6分過ぎあたりから様子見すること)

④↓くったり焼けたら完成。熱々のうちにどうぞ。

↓もうひとつ好きな食べ方のコレも魚焼きグリル活躍(関連記事)。これは食べる時に鰹節をどっさり和えるのも美味。

こう暑いと食欲減退だけじゃなくキッチン仕事もなるべく手間をかけたくなくなるのです。そういう時に魚焼きグリルは最高の調理器具。

↓[魚焼きグリルを使った手間無し料理]

  • ズッキーニ()
  • 栃尾揚げ()
  • 椎茸()
  • ベビーコーン()
  • スナップエンドウ()
  • 蓮根()
  • 芽キャベツ()
  • 番外編:焼き芋()

常備菜の種「蓮根とひじきの煮物」

糖質制限朝ごはんと平行して常備菜の種も日々試行錯誤継続中です。

↓[常備菜の種]関連レシピ↓

  • 乾燥ひじき→
  • ほうれん草→
  • きのこ類→
  • 油揚げ→
  • 人参→
  • トマト→

常備菜の種として良く作るヒジキの煮物が残り少なくなってきたら、蓮根のスライスを足して煮汁ごと再度煮るともう1品新たに生まれ変わります。

とか大層なこと書いてみましたが余っていた蓮根ひと節を使い切りたくて作ってみたら美味しかったのでメモ的にレシピアップ。レンチンで簡単。

[材料]

  • 余ったひじきのサッと煮(レシピ)
  • 蓮根ひと節=10cmほど
  • 醤油=小1/2
  • 耐熱容器

蓮根の皮をむいて3mm厚にスライスし、煮汁ごと耐熱容器に移した「ひじきと人参のサッと煮」と醤油と一緒に600Wで3分加熱(フタをします)。
3分後フタを開け箸で煮汁が良く混ざるようにかき混ぜたら再びフタをしてそのまま放置。
余熱で味が染みたら完成。

蓮根はすぐに煮るので変色止めのために水に放したりはしませんでした。だからあっという間に手間無し調理。

 

上からこの七味を振ると美味。この七味も購入以来切らしたことの無い1品。とにかく風味が良いので大好き。

原了郭 黒七味 四角(木筒)[七味唐辛子][京七味][京都]

↓この七味の一回ごとの使い切りパックはバラ巻き用お土産にも最適。

原了郭 黒七味 豆袋(0.2g x 36)[七味唐辛子][京七味][京都]

七味好きなので他にもこれらが常備されています。

 

↓今回使った耐熱容器はこのサイズ。加熱後、容器の中で和えたりがしやすいです。

【メーカー公式】作り置きにぴったり iwaki(イワキ) パック&レンジ(グリーン) 【容量】450ml耐熱ガラス ガラス 保存容器 常備菜 つくおき 作り置き 浅い もちより

旬の蓮根を魚焼きグリルでこんがり調理②

先日書いた旬の蓮根の魚焼きグリル調理第2段。

前回でも書きましたが蓮根は66kcal/100g。
じゃが芋の76kcal/100g程ではないもののカロリー高めなので1度にたくさんは食べられないですが季節の物はその時期に口にしたいなと週に2度ほど食卓に乗せます。

2人分の材料(1人分カロリー=68kcal)
———————————————————–

  • れんこん=80g(小振りなひと節)
  • 塩(今回はトリュフ塩)
  • オリーブオイル=大1/2
  • 黒胡椒=適宜

作り方

———————————————————–

①この料理の時は、歯応えとポリポリした食感が楽しいので蓮根は縦割り↓にしてください。
縦割りして2分ほど水にさらした後、水気をしっかり拭いたレンコンにオリーブオイルと塩をまぶします。

②2分空焚きした魚焼きグリルにホイルを敷いて蓮根が重ならないように並べて7〜8分弱火で焼きます。

③こんがり焼き目がついたら完成。黒胡椒をガリガリたっぷり引くとピリッと味が締まるのでそれもオススメです。(手前のは一緒に焼いたソーセージ)

④↓生野菜に焼いたソーセージをコロコロカットしたものと、蓮根の魚焼きグリルとを添えたボリュームサラダ。

蓮根はぜひ熱々のうちにどうぞ。
ボリンボリンと小気味よい音を響かせて口の中に広がる美味しさがたまりません。
シンプルって美味しいなぁとつくづく思う1品です。
これだけでお酒のつまみにも。

基本的にはこの調理と一緒ですね。

素材や調理のシンプルさを美味しいと思えるようになったのは歳を重ねたのももちろんあるのですが食事療法のおかげかなと。
そう思うと食事療法を嫌だツライと思う日々も報われるなと思うのです。

いつも使うこの塩↓も香りだけ嗅いだらトリュフの香りが結構衝撃なんですが、素材と併せた際の美味しさを知ってしまったらもう手放せないのです。
そういう面白さも食事療法を始めなかったら知らずにいたと思います。

《ジャパンソルト》黒トリュフソルト【50g】

何を焼いても炒めても素材の旨さを引き出す塩。
”加熱”することで、うまく表現出来ないけれど極上な調理になる塩。
8年ほどストックを切らしたことがありません。

旬の蓮根を魚焼きグリルでこんがり調理①

スーパーに美味しそうな蓮根の並ぶ季節です。
蓮根は66kcal/100gと、じゃが芋の76kcal/100g程ではないもののカロリー高め。
なので1度にたくさんは食べられないですが季節の物はその時期に口にしたいもの。

旬の蓮根の、今気に入っている食べ方を2回に分けて書いてみたいと思います。

今回はシシトウ(今回は実家が送ってくれた万願寺唐辛子と合せています)と合せ、「蓮根と万願寺唐辛子の焼き浸し」にしました。

↓この量で2人分。半ぶんこにするので1食のカロリーはおよそ95kcal。

2人分の材料(1人分カロリー=95kcal)
———————————————————–

  • れんこん=80g(小振りなひと節)
  • シシトウ(万願寺唐辛子)=30gほど(7〜8本)
  • オリーブオイル=大1/2
  • ポン酢または白だし=飲めるくらいの薄さ

作り方

———————————————————–

①蓮根を5mm厚の輪切りにして水に浸けて変色を防いでおきます。

②万願寺唐辛子はヘタを取って、”実”に破裂防止の切れ目を一筋つけます。

③↓ボウルに①②とオリーブオイルを入れ、しっかりまぶしたら2分予熱した魚焼きグリルで焼きます。

④↓焦げ目がつき始めたら(6分〜)火を止め、そのまま庫内で余熱調理して中まで火を通します。

⑤↓水で薄めて飲める濃さにしたポン酢に20分ほど漬けて完成の蓮根と万願寺唐辛子の焼き浸し。

ポン酢だとさっぱり、白だしだと口当たりまろやか。

↓因みに私が大好きなぽん酢は、結婚前からずっと変わらずこれです。
思いっきり生活感丸出しの使いかけ画像ですみません。

  • 酸っぱさとまろやかさがどちらも飛び出ずに食材の美味しさを引き立ててくれる。
  • 扱っているスーパーが多いので無くなってもすぐに買いに行ける。

この2点が気に入っているポイントです。
結婚後他のポン酢を買ったこともあるんですがやっぱりこれに戻ってきました。

馬路村 ゆずの村 ぽん酢しょうゆ 500ml ポン酢 うまじむら ポンズ ぽんず20本で1箱になります。


もちろん鍋料理にもぴったりなのでこれからの季節だとあっという間に消費します。しみじみ美味しいなぁと思うのです。

 

砂肝の塩麹オーブン焼き

砂肝は鶏胸肉の108kcal/100gや、ささみの105kcal/100gよりも更に低カロリーな94kcal/100gと嬉しいカロリーの低さ。
しかもかなり歯応えがあるので、食べる時に良く噛む必要がある優秀食材。

今回はオーブンで焼くので、肉が硬くならないように塩麹の酵素の力を借りて肉を柔らかくしてから調理しました。

レシピ 「砂肝の塩麹オーブン焼き」

2人分の材料(1人分カロリー=121kcal)
———————————————————–

  • 砂肝=200g
  • 銀皮除去後の砂肝重量の12%の塩麹
  • ニンニクスライス5〜6枚
  • ブラックペッパー
  • オレンジカリフラワー=適宜
  • マッシュルーム=適宜
  • あればトリュフ塩(なければ普通の塩)
  • オリーブオイル適宜

作り方
———————————————————–

1.砂肝を真ん中からカットし、固い銀皮を(白い部分)包丁や指で薄くはぎます。
(銀皮ははがなくても食べられるけれど相当スジ張っているので取った方が食べやすいです)

2.砂肝は銀皮をはいだあと切り離さない程度の切目を2〜3本入れておくと漬かりやすいし食べやすいです。

3.銀皮を取った後の砂肝を計ります。
計った砂肝の重さの12%の塩麹と、にんにくスライスを揉み込で下準備完了。

4.砂肝は結構かための塊肉なのでジップロック等に入れてこのまま1晩おきます↓。

5.食べる30分ほど前にオーブンを220度で余熱開始。
余熱を待つ間、カリフラワーとマッシュルームにトリュフ塩とオリーブオイルを軽くまぶして砂肝と一緒に鉄板へ。無ければ普通の塩とオリーブオイルで。

余熱完了したら15〜17分様子見しながら焼いて、焼き上がったらブラックペッパーをたっぷり振って完成。

↑マッシュルームは焼くと美味しいスープがカサにたまるのでカサをひっくり返してくぼみを上にして乗せると良いです。

野菜はアスパラガスやブロッコリーに蓮根、カロリーはやや高くなるけれどカボチャやサツマイモなども美味しいので色々試して好きな組み合わせを探してみるのも楽しいです。

常備菜「タテ割りレンコンのピリ辛きんぴら」

今日は「ある日の500kcal台献立例」の右手前にある「タテ割り蓮根のピリ辛きんぴら」レシピです。

れんこんって穴が可愛らしく見える輪切りも良いですが、タテ割りにするとシャクシャクした歯応えが楽しめて好きなんです。

レシピ 「タテ割り蓮根のピリ辛きんぴら」

4食分の材料(1食分カロリー=31kcal)
———————————————————–

  • れんこん=120g
  • 出汁=100cc
  • 鷹の爪=小指の爪ほど
  • 白だし=小1〜
  • 昆布茶=少々

作り方

———————————————————–

  1. れんこんは皮を剥いて適当にたて割りにして変色防止のために水に浸けておく。
  2. 鍋にれんこんと一緒に出汁+白だし+鷹の爪を入れて落とし蓋をして更に鍋のフタをしてから点火し、軽く沸騰したら弱火に落とす。
  3. 我が家の鍋は余熱調理推奨なので弱火のまま5分煮た後火を止めて余熱調理。
  4. 20分ほどおいたらフタを開け落としぶたも外し、再度点火してから昆布茶を振って弱火で全体的に味を整える
  5. 食べる時に鷹の爪を除いて完成。(写真では彩りのために添えちゃっていますが)

作り立てがぽりぽりしゃくしゃくして蓮根の甘さも際立ちとても美味しいので、せいぜい2回程で食べ切れるように大量には作りません。